自衛隊関連ニュースとその感想など


by jmsdffaw
世界最大の米原子力空母「ジョン・C・ステニス」(10万2000トン、デイビッド・バス艦長、乗員約4500人)が21日午前8時過ぎ、長崎県佐世保市の佐世保港に入港した。ステニスの国内寄港は初めて。原子力空母の佐世保寄港は、02年8月のエイブラハム・リンカーン以来で通算6回目。これで日本への原子力空母の寄港は3年連続となった。米海軍は今回の寄港理由を「乗組員の休養、艦船の補給、維持」としており、25日まで滞在する予定。

 米海軍は6~8月にかけて、同時多発テロ以後の新たな軍事演習として、空母7隻を中心とした攻撃群が世界の5海域で同時演習する「サマーパルス04」を展開している。ステニスは米海軍横須賀基地配備のキティホークや在沖縄海兵隊、空軍による共同演習を実施。ステニスとともに、ミサイル駆逐艦ハワード、高速戦闘支援艦レイニアが寄港した。

 核兵器搭載の有無については明らかにしていない。

 一方、海上自衛隊も寄港に合わせ、イージス艦や護衛艦、哨戒機を出動させ、ステニスなど4隻と通信訓練を行った。【川名壮志】

 ◇日本配備の「布石」か--海で陸で、平和団体など抗議行動

 原子力空母の相次ぐ国内寄港は、08年に退役予定の通常型空母「キティホーク」の後継艦として原子力空母を配備する「布石」などとする指摘がある。平和団体や労働団体が漁船を出すなどしてさまざまな抗議行動を繰り広げた。

 佐世保港入り口を見渡す同市野崎町の高台の路上では、佐世保地区労など約100人と佐世保原水協の約30人がそれぞれ「迎え撃ち集会」を開催。巨艦が滑るように入港すると「佐世保に来るな」などとシュプレヒコールをあげた。また、約70人が漁船20隻に分乗し、海上で抗議した。

 一方、全長333メートルという世界最大の“動く洋上基地”を見ようと他県から訪れた人の姿も、港のあちこちで見られた。

毎日新聞 2004年8月21日 西部夕刊
[PR]
# by jmsdffaw | 2004-08-22 19:01 | ニュース
日米両政府は、米軍の変革・再編(トランスフォーメーション)に伴う在日米軍再編に関連し、自衛隊と在日米軍が共同使用する基地を増やすことを検討している。複数の日米政府筋が21日明らかにした。

 航空自衛隊が米空軍嘉手納基地(沖縄)を使用することや、空自航空総隊司令部(東京・府中市)の米空軍横田基地(東京・福生市など)への移設などが具体的な案として挙がっている。基地の共同使用を強化することで、部隊の相互運用性を高めるのが狙いだ。

 自衛隊と在日米軍の基地共同使用は、三沢基地(青森)を空自と米空軍が共同使用しているほか、米海兵隊が東富士演習場(静岡)や矢臼別演習場(北海道)などで陸上自衛隊と共同訓練を実施している。

 共同使用する基地を増やすことにしたのは、有事の際に日米が迅速に連携して行動するため、平時から連携を強化する必要があると判断したためだ。また、米側にとっては、基地を共同使用することで維持費を日本側にも負担させることが可能となり、在日米軍の駐留経費を軽減することができるとの判断も働いているとみられる。

 米空軍嘉手納基地を空自部隊が使用する案は、空自の那覇基地が民間機と共同使用で運航スケジュールが過密なため、訓練時間が十分とれないことも理由となっている。空自の一部機能を那覇基地から嘉手納基地に移転することも検討している。沖縄は、中国と台湾に近いことから、対空防衛の拠点として比重が高まっており、日米両政府の協議では、宮古諸島の下地島を日米共同訓練場として使う案も出ている。

 空自航空総隊司令部の米空軍横田基地への移設は、司令部施設の老朽化が激しいうえに、横田基地の滑走路を使用できる利点があることから、自衛隊側も移転に前向きだ。

 このほか、陸自の東富士演習場、矢臼別演習場などで米海兵隊、米陸軍の実弾砲撃演習を増やすことも挙がっている。ただ、自衛隊の演習場は、現在でも訓練日程が過密なうえに、基地の共同使用が実現すれば、周辺住民への負担が増加することも予想される。
(読売新聞) - 8月22日12時52分更新
[PR]
# by jmsdffaw | 2004-08-22 18:59 | ニュース
防衛庁は二十一日、テロやゲリラから航空自衛隊の基地を守る専門部隊として、空自に「基地防衛教導隊」(仮称)を新設する方針を固めた。基地や航空機が陸上から攻撃される事態に機動的に派遣し、平時には基地の警備要員を指導して警備能力の向上を図る。
 平成十八年度に新設に向けた準備室を設置、二十年度に部隊を発足させる方針。部隊の規模は約二百人体制になる見通しで、部隊を指揮する隊司令も置く。
 新たな装備として軽装甲機動車、軽機関銃を配備する。軽装甲機動車は陸上自衛隊部隊などに配備され、軽対戦車誘導弾の車上射撃が可能。特殊部隊によるテロ攻撃などの危険性を踏まえ、空自として対処能力を強化する。
 空自の基地は全国に七十二あり、基地防衛では各基地ごとに約四十人の警備小隊を置いている。しかし、「特殊部隊の基地侵入や滑走路が破壊されるようなテロやゲリラの攻撃には、現状では装備、技術の両面で対応できない」(防衛庁幹部)という。
 実際の有事の際の基地防衛の流れは、初動は基地の警備小隊が対処、その後に陸自の支援を受けられるまでの間、基地防衛教導隊が展開して敵の攻撃を阻止する。
 一方、空自はミサイル防衛(MD)で高速飛行の弾道ミサイルを捕捉できる新型警戒管制レーダーの導入を目指しているが、レーダーサイトが攻撃される危険性も高く、基地防衛教導隊はサイトの防衛についても研究に着手する。
 通常のレーダーサイトは攻撃を受けても、E-2CやAWACSといった早期警戒機が代替機能を果たすが、政府が二十年度から四基の配備を目指している地上配備型の新型警戒管制レーダー「FPS-XX」が破壊されれば代替手段がなく、弾道ミサイルに対する迎撃能力が失われてしまうためだ。
 このほか、空自は基地内で爆弾などによる攻撃から航空機を守るシェルターの「掩体(えんたい)」についても、テロやゲリラの攻撃に対応できるものに切り替えるなど、整備計画を見直す方針だ。
(産経新聞) - 8月22日4時43分更新
[PR]
# by jmsdffaw | 2004-08-22 18:58 | ニュース
中国外交部の章啓月・報道官は、東シナ海における日本の排他的経済水域(EEZ)で日本政府が海洋調査を行なうと決定したことに対し、日中関係に大きな陰を落としかねないとして強い懸念を示した。1日付で中国新聞社が伝えた。


Yahoo!ニュース - 海外 - サーチナ・中国情報局


 
[PR]
# by jmsdffaw | 2004-08-21 17:40 | ニュース

リンク

センスのない自衛隊ウェブサイト
[PR]
# by jmsdffaw | 2004-08-21 17:20 | LINK
王子様の耳はロバの耳:自衛隊派兵問題の僕の私見


ごもっともです。
[PR]
# by jmsdffaw | 2004-08-21 16:39 | LINK
海上自衛隊の護衛艦を舞台にテロリストと海自隊員らの戦いを描く海洋アクション大作「亡国のイージス」(阪本順治監督、来秋公開)が製作されることになり、このほど、青森・三沢基地で撮影が行われた。空自の戦闘機が海自の護衛艦を撃沈しに向かうという映画ならではの架空の出動、飛行シーン。航空自衛隊が全面協力し、映画初登場となる最新鋭のF-2支援戦闘機などを実際に飛ばすなど、日本映画にいまだかつてなかった1シーンの実現をバックアップした。

 訓練飛行や任務飛行に就くF-2支援戦闘機、F-4支援戦闘機が次々と離着陸し、轟音(ごうおん)が響く三沢基地。撮影現場には、“本物”にしか出せない迫力と緊迫感が漂った。

 1機110億円というF-2の操縦席に乗り込んだ空自隊員役の真木蔵人(32)の表情を狙う阪本監督(45)の周囲を、いつもの映画スタッフのほか、同基地の飛行群、整備補給群、基地業務群などの空自隊員が囲む。撮影隊のさまざまな要求に応え、撮影が円滑に進むようサポートした。

 同作は作家、福井晴敏さんの同名小説が原作。生物化学兵器を持ちイージス艦を占拠したテロリストと戦う海自隊員ら2人の男を軸に政府や防衛庁、警察の息詰まる攻防が描かれる。劇中、生物化学兵器を封じ込める中和爆弾を搭載したF-2が、イージス艦の撃沈に向かうシーンがあり、製作側が空自に協力を要請した。

 防衛庁航空幕僚監部広報室によると、映画の撮影には過去にも協力したことがあるが、「今回はよりリアリティーを出したいという製作サイドの意向に、現実に即した形で対応した」という。飛行シーン、パイロットのセリフ、交信内容などに現実感のある細かなアドバイスをしたほか、真木への飛行服など本物の装備を提供した。

 極めつけは、今年3月に実戦配備されたばかりのF-2の飛行だ。2機のF-2を飛ばし、さらに、飛行シーンを撮影するカメラマンを乗せたT-4中等練習機が、高度1万3000フィートでの撮影を敢行。地上ではカメラが離着陸シーンを狙った。

 教育訓練などに支障がない範囲での協力とはいえ、空自あげてのバックアップについて、空自関係者は「こうした協力が、国防の重要性を国民に知らせ、理解をしてもらういい機会になるのでは」と話した。

 撮れたての映像を早速チェックした阪本監督は「ほぉーっ、という感じ」と類を見ない迫力の映像にわれながらほれぼれ。「贅沢なことをさせてもらった」と感謝しながら、「実際に働く隊員の姿を見たことが、これからの撮影にとって一番、良かった。普段、見られない自衛隊の部分を描くことで、協力していただいた隊員の方たちの期待に応えたい」と決意を新たにしていた。
サンケイスポーツ
[PR]
# by jmsdffaw | 2004-08-21 16:18 | ニュース
日本政府が主催して10月下旬に開催する「拡散防止構想」(PSI)のための海上訓練に、海上自衛隊の艦艇や航空機が参加することが3日、決まった。焦点となっていた参加の法的根拠については、防衛庁設置法の「調査及び研究」をあてる方向で調整が進んでいる。米、豪などPSI中核メンバー国のほか、アジア諸国にも参加を呼びかける。アジアでのPSI訓練は今回が初めて。

 訓練の実施については、川口外相や石破防衛庁長官が3日の記者会見で正式に発表した。東京湾沖合で、大量破壊兵器(WMD)を積んだ輸送船を停船させ、船内を捜索する臨検の実施を想定している。海上保安庁の艦艇だけでなく、海上自衛隊の護衛艦、P3C哨戒機などが参加する。

 海自が公海で臨検を行うためには、現行法では、日本有事や周辺事態のほか、海上警備行動が発令された場合に限定されている。自衛隊が平時に大量破壊兵器を積んだ輸送船を停船させる法的根拠がないため、自衛隊ではこれまでのPSI訓練には、自衛官のオブザーバー参加にとどめてきた。

 だが、今回の訓練は日本が主催することもあり、「ホスト国の日本が自衛隊を出さないのでは釣り合いがとれない」(防衛庁幹部)として、政府内で、防衛庁設置法5条18にある「所掌事務の遂行に必要な調査及び研究を行う」との規定をあてはめる方向で最終調整が進んでいる。 (08/04 06:08)
朝日新聞
[PR]
# by jmsdffaw | 2004-08-21 16:15 | ニュース
旭川中央署は29日、旭川市南4の26、陸上自衛隊第2特科連隊第1大隊本部管理中隊所属の2等陸曹、高橋勝政容疑者(40)を盗みの疑いで逮捕した。

 調べでは、高橋容疑者は6月30日、旭川市内の主婦(33)方に窓ガラスを石で破って侵入し、寝室のタンスから女性の下着やバッグ、ネックレスなど約70点(7万円相当)を盗んだ疑い。「ほかにも十数件、空き巣に入って下着などを盗んだ」と供述しているという。【渡部宏人】

毎日新聞 2004年7月30日 北海道朝刊
[PR]
# by jmsdffaw | 2004-08-21 16:12 | 不祥事
海上自衛隊八戸基地の対潜哨戒機P3Cが、三沢市沖で操業中の市漁協所属のイカ釣り漁船2隻の上で急降下し、乗組員1人が驚いて気絶していたことが分かった。海上自衛隊第2航空群の岩田耕道司令は、市と漁協に陳謝したが、漁協などは「とんでもない行為」と反発している。

 市や漁協などによると、27日午前7時50分ごろ、三沢市天ケ森・砂森沖約18キロの太平洋上で、P3C1機が高度約330メートルから約80メートルまで急降下。第28菊栄丸(4・9トン)の乗組員が気を失った。

 また、近くにいた菊栄丸(4・9トン)は危険を感じたため、海中に下ろしていたイカ釣り用ワイヤを切断して逃げた。周辺では、40隻のイカ釣り漁船が操業していた。

 同基地によると、P3Cは不審船などの警戒のため、八戸基地から北海道方面に向け監視飛行の任務中だった。漁船団の中に不審船が紛れていないか、識別するため高度を下げたという。

 漁協は「近海で40隻もの船がいるにもかかわらず『任務でやった行為だからしょうがない』では済まされない。説明も納得できるものではない」と話している。【田村彰子】

毎日新聞 2004年7月30日
[PR]
# by jmsdffaw | 2004-08-21 16:10 | ニュース